看護課紹介

基本方針

1  利用者、職員同士の人権を尊重し適切なコミュニケーション、支援を心掛ける
2  各担当者が責任をもって取り組む体制を継続する。
3  目標を明確にする。


看護課実践事項

・日々の生活や外での行事参加が楽しくできるよう、医療的な視点から利用者を観察し、異常の早期発見・対処ができるよう努める。
・利用者の医療的な問題に対しては、主治医とのカンファレンスを実施し、医師へ利用者の情報が正しく伝わり、医師の方針を確認しながら利用者に関わることができるようにする。
・利用者の医療的な問題は、生活支援課職員も含めたグループ単位でのカンファレンスを実施し、積極的にグループ内での情報共有を図る。


看護課業務

1.医療的ケアの実施
 胃瘻・経鼻経管栄養・気管切開等の医療ケアのある方は、看護師が中心になり、日々のケアを実施する。
2.看護計画
 計画は担当看護師が立案し、評価は生活支援課の個別支援計画に合わせて実施している。
3.病棟以外の看護業務
 平日は病棟のほか、外来・生活介護事業も担当者を配置している。

ある日の1日(タイムスケジュール)

6:00 起床
6:30 朝食・身支度
7:00 出勤
7:40 施設到着
8:00 病棟勤務開始
夜勤看護師から申し送り
8:15 各居室への訪室
利用者様のバイタルチェック、食事介助、排泄介助、
医師の指示による処置実施
11:30 同僚と早めの昼食
12:30 胃瘻の利用者様へ栄養剤投与
13:30 栄養剤投与後、処置を実施
デイルームで支援員と共同して生活支援活動
14:00 ※入浴がある場合は浴室で介助
15:00 看護記録
15:30 排泄介助・更衣
16:30 終業


看護部紹介


page top